読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

奥から

ねむい。


今日はとてつもなく眠い。

寝てるのに眠い。家に着いたらすぐご飯食べてお風呂入って寝ようと思うがたぶん無理だろう。だって眠いから動きが遅くなる。


私はこのブログを毎日更新するのだろうか?

書くのが楽しみになってはいるが三日坊主なのできっと続かない気がする。でも書きたい。書きたいと思っているうちは書いておこう。別に誰も何も思っていない。


ねむい。

休憩が基本45分なのだが、10分でご飯食べ、5分で移動し、30分きっちり寝ている。横になれるソファがあるのでそこで寝ている。ソファが埋まっているときは椅子を三つ繋げて寝る。どうしても寝たいのだ。


休みの日は「寝る日」を決めて一日中寝る。ご飯も食べずに寝ているとお母さんに怒られるが、空腹を通り越すと何も感じなくなる。

ただ、次の日エンジンをかけるのに時間がかかるのであまり良い方法ではないのだと思う。それでも一日体を休める日を作らないと怖いのだ。休みだからといって出かけるのは、休みではない。動く日だ。何もせず、身体中のスイッチをオフにしていく日が必要なのだ。

たぶん、そんな日は必要ないのかもしれない。

しかし怖いのだ。怖いから休む。

書いていてそんな感じがした。


明日働いたら休みだ。

だが出かける用事があるので休む日は明後日に持ち越しだ。


ねむい。


ねむいと言葉が湧いて出てこないことが分かった。