読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゃあ、君は何なの?

 

吐き出さないと、中身が重くなっちゃいそうだから、吐き出したら、軽くなるかなと思ったから、書いてみる。

 

一週間前から始まったこの思いは

一週間経ってもあんまり軽くならなかった。

 

ずっと緑ばかり見てる

緑をボイスメモに録音して聞いてる。

 

こんなすごい台詞ないよ。

 

以下、台詞です。

------------

私は、

私は緑です。

 

幼稚園の時に、セーラームーンセーラームーンていうアニメがありました。園庭でよくそのごっこをしてたんですけど、みんなはだいたいセーラームーンとかセーラーマーキュリーを選んで、私はいつも最後まで残ったセーラージュピターで、セーラージュピターのイメージは緑でした。

色には順番があったんです。

女の子が、赤とかピンクとか色分けされたものを分けるとき、私はいつも緑を選ぶ係でした。

選ぶっていうか、選んだふりで、

緑を取るんです。

素直に、赤とかピンクを選べる人が不思議でした。

あなた人生何回目?って思いました。

 私まだ一回目だから、赤が欲しいって言えない。

アニメのセーラームーンは敵と戦ってたけど、女の子たちのごっこのセーラームーンセーラームーン同士で戦うんです。

大人になって、それを別の言葉で知りました。

女の敵は女だよって。

私は初めからそこで負けていたから。

他の子がファッションとか恋とか選ぶ時、私は勉強を選びました、好きじゃなかったけど、残ってたから勉強を選びました。

大学に受かって、友達とか、家族とかみんな褒めてくれました。だけどそこにはいつも「女の子なのに変わってるよね」っていうニュアンスが付け加えられてました。

会社に入って、やりたいことを頑張ろうって思ってたら、テプラの研修があって、どうしてか女子だけテプラの研修があったんですけど、同期の子が言いました。

「男は勝てば女に愛されるけど、

 女は勝っても男に愛されなくなる。

 女は、勝ち負けとか放棄して、男に選ばれて初めて勝利するんだ」

あれ?じゃあ私、一生勝てないじゃんて思いました。だって緑だもん私って思いました。

 赤も緑もピンクも全部黒ければ良いのに、黒いセーラームーンがいたら良かったのにって。 

 

 それで私、

 そうゆう自分をたぶん見たくなくて。

色んなものを人を、 見下したり見上げたりしていたんですけど。

 ------------

 

 このあとの台詞は「最近、レストランのバイトを始めて…」で終わります。

 

今の私にはこのあとどうやって生きたら良いか分からないよ。

どうしたらいいの。

ずっと、まだ、見下して見上げてるよ。

 

 

問題のあるレストランより。