読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

踊る

くぅ〜。


いまあまり落ち着いてないので上手く文章にならないかもしれない。


源ちゃんのライブに行ってきて、すぐ帰るのも嫌なので、余韻に浸る為にわざわざいつものスタバに来た。


何を書こうかな。

源ちゃんのことかな。


今日はなんと源ちゃんにファンレターを書いてプレゼントBOXに入れて来た。

大物アーティストさんが読んでくれるのか分からないけど、伝えたい思いは伝えたいから、手紙書くの好きだから、アイドルで鍛え上げられた手紙書き能力で書いた。


その手紙に書いたのと同じようなことをブログに書こう。



源ちゃんを気になりだしたのは、本当ミーハーなSUN新規。GAOで無料で見れたMVをふと見たら、パジャマからスーツに着替えた瞬間の格好良さに一目惚れした。

SAKEROCKとか、俳優業もなんとな〜く知っていて、塩顔として人気があって、そこにいまからハマるのもミーハー感満載だな〜と遠目から見ていたのだが。

だんだんと曲が頭から離れなくなり、ライブがあることを知り、そのチケットの先行がCD特典で付いてくることを知り、すぐCDを買い、無事当選し、ライブ二日間行き、今までのDVDを買い、本を買い、、、ずぶずぶになった。


でも、SUNだけではこんなにハマらなかった。一番の理由は「蘇る変態」を読んだことだった。

Twitterなどを見て、一度倒れて復活して活動していることは知っていた。しかしそのことをインタビューなどでも探しきれなかったので、その部分が詳しく載っている「蘇る変態」を本屋で探して、すぐ読んだ。


イメージが全く変わった。

「サブカル女子に人気の塩顔男子」だと思っていたこの人の「死」への考え方が、とても好きだった。


こんなこと言うのは大袈裟かもしれないが、私は自分自身のことを、病気になった時一度「死んだ」と思っている。

そこからずっと「死」は近くにあって、生活をしている。

本に書いてあったが、源さんは倒れた時、一度死を見た。そして、それは思っていた通りだったそうだ。

「死」は大きなことや目を背ける事柄ではなく、あっけなくやって来る。だからすぐ近くにある。


本を読んで私は嬉しかった。「死」を考えたって良いじゃないか。そりゃ怖いけど、いつかくる。

「僕たちはいつか終わるから」

だから踊る。笑う。生活をする。仕事をする。生きる。

それが歌にも散りばめられていて、本当に嬉しかった。


地獄でなぜ悪い

初めは苦手な曲だったが、今は大好きな曲だ。

この曲は源さんが病床で書いた曲だ。

「無駄だここは元から楽しい地獄だ」

「生まれ落ちた時から出口はないんだ」

「いつも窓の外の憧れを眺めて」

「教室群れをはぐれた重い空をゆく」

「生まれ落ちた時から居場所などないさ」

「動けない場所からいつか明日を掴んで立つ」


「ただ地獄を進むものが悲しい記憶に勝つ」


私にとって、この世界は元から地獄だった、誰がなんといおうと、生きづらかった、学校もつらかった、給食を食べた後必ず痛くなるお腹が嫌だった(源ちゃんがお腹が弱いのも好きになった理由のひとつ)、学校というみんなと同じことをするのが嫌だった、けれど嫌な素振りは見せたくなかった、というか、みんなと違うことをすれば怒られるし、見せてはいけないものだと思っていた。


そうした生きづらさと共に生きていたら、

突然、限界がきて、なにもかもが崩れた。


源ちゃんはここは地獄だと言い切ってくれた。

そうなのだ。

そして進むしかないのだ。

進めば悲しい記憶に勝つと歌ってくれた。


嬉しかった。


「いまつらくてもがんばればきっと花は咲く」

のような歌だったら、こんなに響かなかった。

がんばってる。けどつらい。

つらいのはもう嫌だ。


源ちゃんの歌は

「笑おう踊ろう、なんにもならないかもしれないけど、いつか全部終わるから」

と私には聞こえた。



全部私の受け取り方なので、解釈は人それぞれだと思ってほしい。

他にも「くせのうた」や「くだらないの中に」など書きたい歌はたくさんあるが、それは今度にしようと思う。


今回のライブ、本当にすてきだった。面白かった。楽しかった。もっと好きになった。


「自分の踊りを、人と違っていいから踊って!」という源ちゃんがかっこよかった。

そして私は音楽に身を任せて、音楽を浴びた。


最高に楽しい地獄だった。