読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これから起こるはずだろう

横浜からの帰りである。


握手会が終わって、買い物をしようとデパートに入ったら目当ての店が見つからず、お腹も空いたのですぐみなとみらいからは離れた。横浜駅構内のコーヒー屋のホットドッグを食べ、いま電車に乗っている。


この文章を打つ前まで、本を読んでいた。

本を読みながら、時々見える窓の外の都会の夜景がすごくきれいだった。

頭の中、奥の方がカサカサと鳴った。


乗り物で移動する時、流れていく外の風景を見るのが大好きだ。

その気持ちが頭の中でカサカサ動いた。

ああ、そうだこれだ、と思った。

もう見えないくらい奥の方に仕舞ってしまった。


もっと感じたい。

もっと心からなにも考えずに楽しみたい。


でも深くに仕舞い込みすぎて、

忘れていた。


出掛けたい。

遠くに出掛けたい。

なんの心配もなくきれいなものをきれいと言いたい。

色んな景色を見たい。

行きたいところがたくさんある。


けれど、行きたいという気持ちすらも思わないように、この気持ちは、隠した。




いまに不満があるわけではない。

ようやくここまで来れたことをわかっているから、もうがんばったから、もう高望みはしない。

いまがずっと続いていればいい。


ただ、夜景がとてもきれいだったから。